退職代行が「クズ」と言われる理由は? どんな人が利用しているのかも調査

退職代行が「クズ」と言われる理由は? どんな人が利用しているのかも調査
最近利用者が増えている「退職代行」。退職を告げたくてもできない人はぜひ利用したいサービスですが、一部には「クズ」「頭おかしい」などの意見もあるようです。

そこで本記事では、

などを紹介! さらに、退職代行を利用した人のその後も調査していきます。

退職代行がクズと言われれる理由は? ネット上の声を調査

早速、退職代行がクズと言われる理由について、X(旧Twitter)の声を元に調査してみましょう。

結論から言うと、どの理由も「あくまでも他人の意見だから気にしなくて大丈夫」です。

退職代行を利用すると次のような攻撃をしてくる人もいるかもしれませんが、あまり真に受けないようにしてくださいね。

1.お世話になった会社に対して失礼

退職代行使うな! 今まで会社にお世話になって、 退職するのに、退職代行つかうか普通? ないわ! ありえない!! もう腹立つわ!!!

引用:X(旧Twitter)

退職代行を利用するのは、今までお世話になって・育ててくれた会社に失礼だという人もいます。

しかし、退職代行の利用を検討するということは、会社に不満がある・退職を言い出すのが怖い人が多いはずです。つまり、会社自体に問題があるケースも多いということ。

この場合、失礼なのはあなた自身ではなく、今まで問題のある対応してきた会社側なので、気にする必要はありません。

退職代行を利用する人に文句を言う上司や会社には、退職代行を利用された理由は何かをじっくり考えてほしいものですよね。

2.社会人として非常識

体調悪いのに仕事休めない自分にも会社にも腹が立ち 退職代行でとっとと辞めてやるって気持ちと同時に、社会人になってそれは非常識という気持ち。人に迷惑をかけてもかけなくても人生は続く。どっちでも人生は変わらないんじゃないかと思ってる。

引用:X(旧Twitter)

退職代行を利用すると、サービス利用から退職日まで出社しなくていい人がほとんどです。そのため、会社の同僚や取引先などお世話になった人への挨拶・引継ぎができなかったり、急な退職で同僚の業務量が増えたりすることも。

周囲から「迷惑」と思われるだけでなく、礼儀を重んじる人や真面目で優しい人は自分自身が「社会人として非常識だ」と責めてしまうことも多いようです。

しかし、実はあまり気にしなくても大丈夫。

というのも、「社会人として非常識」というのはバックレや無断欠勤をする人のことなので、退職代行を利用してしっかり退職手続きを取ろうとしている時点で社会人としての常識は持ち合わせています。

また、人手不足や同僚へしわ寄せがいくことは退職者の責任ではなく、会社の責任です。

引継ぎや挨拶の有無を気にしてしまうのは仕方ありませんが、それが原因で辞められず体調を崩したりすれば元も子もありません。周囲のことはあまり気にせず、自分にとって何がベストかを考えるのがおすすめです。

3.お金を払ってまで利用するのはおかしい

また退職代行業者使って辞めたんやけど業者に金払ってまでってどうなん?1週間しか働いてないのに数万支払って辞める方が頭おかしい 前の仕事も1ヶ月で辞めたらしいけすぐ辞めるとは思ったけど辞め方ひどww

引用:X(旧Twitter)

自分で退職を告げて手続きするのが当然と考えている人の中には、退職するためにお金を払うことが理解できない人もいます。そのため、「自分でできることなのにお金を払ってまで退職代行を利用するなんてクズ」という意見もあるのです。

しかし、このような意見は無視してOK。そもそも何にお金を使う価値があるかは、人によって考え方が異なるからです。

例えば、車について高級車でなければダメと思う人もいれば、走れれば何でもいいという人がいるように、退職代行もお金を払って利用するべきと考える人もいれば必要ない人もいて当然です。

また、退職代行の利用を検討する人にはその人なりの理由があるため、まったく事情を知らない人の「お金がもったいない」という意見に耳を傾ける必要はありません。

退職代行には、なかなか辞められない会社をすんなり辞められる・退職を告げた後は出社しなくていいなど、会社に行きたくなくて苦しい思いをしている人にとってはメリットがたくさん。

自分自身がお金を払って利用する価値があると思うのなら、周囲の声は気にしないでくださいね。

経験者に聞いた! 退職代行を利用したきっかけとは?

「退職代行を利用するのはクズ」という周囲の意見は、あまり気にしなくて大丈夫だとご紹介しました。大切なのは、自分が本当に利用したいかどうかです。

しかし、自分が本当に退職代行を利用するべきか迷っている人も多いのではないでしょうか? 理由やきっかけがささいなことだから…とためらっている人もいるはずです。

実際に退職代行を利用した人は、どんなきっかけで利用を決めたのか気になりますよね。そこで、当サイトでアンケートを実施したところ、次のような結果になりました。

退職代行を使ったきっかけ
それぞれ回答の大多数を占めたのが、「退職の意思を示す気力がなかった」「怖くて辞めたいと言えなかった」という意見です。

人間関係の悪さや長時間労働で神経をすり減らしている人や、パワハラで精神的に参っている人は、辞めると言い出すことすらできなくなってしまいます。

そんな人ほど、退職代行を利用することで退職のハードルが下がり、過度なストレスから解放されます。

もし、あなたが「退職を言い出しづらい」と感じているのなら、それは退職代行を利用する立派な理由の1つだと覚えておきましょう。

退職代行はどのような人が利用するの?

上でご紹介したアンケート調査から、退職代行を利用する理由はさまざまだということがわかりました。

この章では、退職代行がどんな人に利用されているのかについて見ていきましょう。

1.ストレスに耐えられなくなった

30代前半
土木会社の事務
当時勤めていた会社が家族経営の会社で、上司が自分のやりたいようにしている状態でした。残業や休日出勤に対しても給与が支払われず、他の従業員も親族が多いため不満を言える状況でもありませんでした。心のストレスと体の不調が顕著に出てきたため退職を決め、退職代行を使ってみようと思いました。

残業や休日出勤が多く労働条件が悪い、過度なノルマを課せられているなどいわゆる「ブラック企業」で働いていると、心身ともに調子が悪くなってしまいます。

精神的な負担が続き、ストレスに耐えられなくなると、自分で退職を申し出るのも辛いもの。「拒否されたらどうしよう」などと不安になり、会社を辞めたくても辞められない状態になってしまうのです。

「今すぐに辞めたい」「このまま働き続けるなんて無理」と考えるくらい追い詰められている人ほど、退職代行を利用することが多いです。

2.パワハラ・セクハラを受けていた

30代前半
不動産会社の事務
当時の上司が必要以上に無理難題を押し付けてきたり、できないとパワハラのような行為、また時々腕を触るなどセクハラに該当するような行為がありました。周りの同僚も仕方ないと諦めており、誰に相談しても無理だと感じ、退職代行を利用して辞めようと思いました。

退職代行の利用者には、パワハラやセクハラを受けていた人も多いようです。

上司からひどいパワハラやセクハラを受けている場合、自分で退職を申し出ても退職が認められないだけでなく、さらにパワハラやセクハラが悪化することもあります。

退職を申し出ることはもちろん、2人きりの状態で話をすること自体に恐怖感を持つ人も多いでしょう。

退職代行を利用すれば、パワハラ・セクハラの当事者と直接対峙することなく退職ができるため、精神的な負担を軽減できるのが大きなメリットと言えます。

3.入社前に言われた内容と実際の仕事が異なっていた

20代後半
美容サロンの受付
入社してすぐに店長から「本部の人事から聞いていたのと全体的に違うと思うけどごめんね。本部には言わないでね。」と言われました。違うと認めている上に、「言わないで」とまでいってくることに恐怖を感じ、すぐに転職活動を行いました。入社して2〜3週間目で、さすがにどういえば良いか分からずネットで調べていたら退職代行というものを知りました。

求人情報や面接時に伝えられていた内容と、実際の仕事内容・労働条件が異なっていた…ということもよくあるケースです。

例えば、「事務職の募集だったのに実際には営業もやらされる」「週休2日のはずが1日しか休みが取れない」「日勤だけという条件だったのに夜勤も強制される」など、入社してから「こんなはずじゃなかった」ということもありますよね。

このような場合は、相談しても「みんなそうだから」などと取り合ってもらえないことも。やりたくない仕事や自分のスタイルと合わない労働条件で働き続けるのには耐えられないと判断し、退職代行の力を借りて早く仕事を辞めたいという人が多いようです。

4.辞めさせてもらえなかった人の最後の手段となる場合も

また、自分で退職の意思を伝えたのに、受理されなかった・懲戒解雇にすると脅されたなど、すんなり辞めさせてもらえなかった人も退職代行を多く利用しています。

30代前半
WEB系コンサルタント
職場に退職の意を伝えるものの「辞めたいなら懲戒解雇扱い」と脅され、どうしようもなくなっていたところ、ネットで退職代行のことを知り「これしかない」と思いました。

ブラック企業の中には、どんな手を使ってでも社員を辞めさせまいとする会社もあります。そのような会社の場合、どんなに自分で交渉しても辞められないので、最後の手段として退職代行を利用する人が多いようです。

退職代行を利用した人のその後を紹介!

「退職代行で会社を辞めるのはいいけど、その後が不安」という人も多いのではないでしょうか?

しかし、そんな人もご安心を。退職代行を利用した人の9割以上が「利用に満足・やや満足」と回答しているのです。

利用した退職代行に対する満足度

退職代行の利用に満足しているということは、利用後もトラブルなく暮らせているということ。退職代行を利用した人の「その後」について詳しく見てみましょう。

1.引継ぎもせずに辞められた

30代前半
マーケティング
もう仕事場と自分は関係ないと思えると一気に肩の荷がおりました。担当の方のレスポンスも早く、丁寧に対応してくれました。仕事を辞めるのは自尊心が傷つくものでしたが、辞めている人をたくさん見てきている方だったので、安心して話せました。引き続きも一切なしで辞められました。

退職代行の利用を考えている人の多くが、仕事で過度なストレスを抱えています。仕事が辛いのに、なかなか辞めると言い出せない人もいるでしょう。

上記の口コミは、引継ぎもせずにすぐに辞められたというものです。心身に負担がかかっている人の場合、退職の手続きや引継ぎすらも辛いということが多いので、退職代行を利用することで面倒な手続きもなく辞められるのは大きなメリットと言えますね。

2.辞められたことで体調が回復した

20代後半
障害者グループホームスタッフ
とても迅速なやり取りで、こちらから職場に連絡することなく退職できました。精神的ストレスから体調を崩してしまっており、即日退職できたことですぐに体調が良くなりました。

ストレスが溜まりすぎると、心身に影響が出てきます。退職代行を使ってすんなりと退職できたので、体調も回復できたという口コミがありました。

特に心や体に影響が出ている時は、周りの声よりも自分の体が一番大切です。「退職代行を使って色々と言われたらどうしよう」などと心配せずに、ストレスの原因となっている職場から離れて回復を図ることが大切です。

3.会社の人と会わずに辞められた

20代後半
不動産管理の営業
会社の人と会わずに退職できるのは、精神的にしんどい人にはとても助かるサービスだと思います。面倒な作業や、人間関係からの言いづらさもなく、退職代行が全てやってくれるのでスムーズにできました。

人間関係が苦で退職を考えている人にとっても、退職代行を利用するのにはメリットがあります。

特に、パワハラ気質の上司やワンマン社長の場合、仕事を辞めると言っても「絶対に辞めさせない」と脅されたり、執拗な引き留めにあったりすることも。

退職代行を利用すれば、このような場合でもすんなりと退職が認められることが多いです。出社する必要もないので、退職日まで気まずい思いをしながら会社の人と顔を合わせることがないのは嬉しいポイントです。

退職代行を利用するなら押さえておきたい!正しい業者の選び方

退職代行は運営元で業者を選ぶ
退職代行の利用に批判的な人もいますが、実際に利用した人は多くのメリットを感じています。そのため、自分が必要だと感じたら躊躇なく退職代行を利用するのがおすすめです。

ただし、退職代行業者の選び方には十分注意しましょう。

というのも、退職代行業者によってサポート内容や対応が異なるので、選び方を間違えると会社とトラブルになってしまうこともあるんです。

この章では、できるだけ穏便かつスムーズに退職するための正しい退職代行業者の選び方についてご紹介します。

まとめ

本記事では、退職代行がクズだと言われる理由や、実際はどうなのかについてご紹介してきました。

結論として、退職代行を利用することは決してクズではありません。中にはネガティブなイメージを持っていて攻撃的な意見を言ってくる人もいますが、それはあくまで価値観が違うだけのこと。

利用を検討する立場の人を理解しようとしない意見なので、気にしなくて大丈夫です。

むしろ、退職代行を実際に利用した人からは、満足できたという意見が多数。「怖くて言い出せない」など退職したいのにできない人は、積極的に利用を検討するべきです。

退職代行を利用する際はしっかりと事前リサーチを行い、後悔しないようにしてくださいね。

あわせて読みたい

退職代行に興味があるけど、どのような流れで手続きが進むのかよくわからない、という人も多いと思います。そこで本記事では、 退職代行の利用の流れ 後悔しないためのポイント などを解説。実際に退職代行を利用した人の声も交[…]

調査概要

調査主体者辞めエール編集部
調査目的退職代行サービス利用者の実態調査
調査方法インターネット調査
対象者退職代行を利用した10〜50代
対象地域日本国内
実施期間2023年02月10日〜02月24日
調査人数100名